当院はワーク・ライフ・バランスに取り組みました!

当院では、平成23年度から日本看護協会・千葉県看護協会が実施するワーク・ライフ・バランスの
ワークショップ事業に参加し、看護スタッフが働き続けられる職場づくりに取り組んでいます。
ビジョン 活き活きと働き続けられる職場環境をつくる
目標 ◇有給休暇の取得率を上げ、取りやすい環境にする
◇業務改善し、病棟クラーク、MSWを配置する
◇就業制度の内容が整備される
◇キャリアアップ研修体制を確立する
3年目の成果 リフレッシュ休暇の継続実施(連続した7日間の休暇)
新就業規則の周知
研修参加率の向上および支援制度の充実
離職率の低下

ナースに聞きました! 君塚病院の働きやすいポイント
☆残業がほとんどない(平均3.3時間/月)
☆保育料の助成制度がある(最大6割助成)
☆生活に合わせた勤務形態の希望をきいてくれる
☆学校行事の休暇希望が優先される
☆リフレッシュ休暇がある
☆子供の急病時は勤務調整してくれる
☆理事長、院長がやさしい
☆スタッフの仲が良い(平均在勤年数 12.6年)
☆働いていて楽しい
☆季節ごとの供与品がある(旬の果物、クリスマスケーキなど)
☆職員旅行が楽しい              etc

ワーク・ライフ・バランスに取り組んで

(都道府県看護協会と日本看護協会が協働して、地域を主体に看護職の働き続けられる職場づくりのための活動)
インデックス調査で「できるだけ長く勤めたい:97.4→97.6%」「看護職を大切にする組織である:76.3→76.1%」という高評価
生活の満足度が76.3→83.3%/73.6→88.1%とUPし、働きやすい環境であることが認識されました。
経営組織への意見も吸い上げられやすく家族的な就業環境であり楽しく働けます。
人生を楽しく過ごす、笑顔の絶えない暮らしは自分自身やご家族など周りの人たちも幸せにし、充実した看護につながります。
ぜひ、仲間になって楽しく働きましょう。見学はいつでも可能です。きれいな病院を見に来てください。
今回の参加にあたり、ご指導、アドバイスをいただきました全ての皆様に感謝申し上げます。

平成27年3月11日
看護部長 佐藤 小織



ワークライフバランス推進を応援する「繁栄」と「変革」のシンボル、
カンゴサウルスです。

(日本看護協会)